ご挨拶

初めまして。弁護士の越川要(こしかわ かなめ)と申します。
クレプトマニア(窃盗症)とは、物を盗みたいという衝動を自分の中で制御することができず、不合理な窃盗を繰り返してしまう病気のことをいいます。クレプトマニアの方が窃盗を繰り返さないようにするためには、厳しい刑罰ではなく、治療を伴う社会内処遇を受けさせることが重要です。
しかし、クレプトマニアの日本での認知度は低く、クレプトマニアの治療を取り扱う医師や病院も、クレプトマニアの問題を取り扱う弁護士も、残念ながら日本にはまだまだ足りておりません。そのため、多くのクレプトマニアの方が、自分がなぜ窃盗を繰り返してしまうのかが分からないまま、実社会と刑務所とを行き来することとなってしまっているのが現状です。
当事務所では、このようにクレプトマニアで苦しむ方が窃盗を繰り返さないようにするための刑事弁護活動に意欲的に取り組んでおります。
クレプトマニアの方の刑事弁護をご希望の方は、お気軽に東京都港区南青山のかなめ青山法律事務所までお越し下さい。

かなめ青山法律事務所 代表弁護士 越川要

〒107-0062
東京都港区南青山2-2-8 DFビル6階